印鑑の種類を知ろう

ホームコラム一覧 > 印鑑の種類を知ろう

 

個人で使用する印鑑と法人で使用する印鑑にはそれぞれに種類があって、用途によって使い分けるのが一般的です。ここでは、印鑑の種類と用途について、個人の印鑑と法人の印鑑に分けて紹介していきます。

印鑑の種類~個人編~

印鑑の種類についてですが、まず個人で使用する印鑑の種類は主に認印、銀行印、実印の3種類に分類されます。

 

認印とは、公的機関に登録したり届出したりする必要がない印鑑で、荷物や書留などを受け取るときの受け取り印として使用したり、簡単な契約や、書類などを確認したという証明で使ったりと使用頻度が高い印鑑になります。

 

銀行印とは文字通り、銀行などの金融機関の契約や取引の際に使用する印鑑になります。銀行印は金融機関に届出をする必要があり、届出をした印鑑が銀行印となるので、特別に銀行印というものがあるわけではありません。

印鑑の種類~個人編~

実印は住居や土地の売買契約や、ローンの契約、遺産相続などすごく重要な契約の時に使用する印鑑です。実印は自治体で登録する必要があり、1人1本しか登録することができず、同じ印鑑は家族でも登録することはできません。

印鑑の種類~法人編~

法人の印鑑の種類は、個人と同じ銀行印、実印の他に角印、住所印もあるので、主に4種類となります。会社を設立するときには、法務局に登記申請を行う必要があります。その際に印鑑の登録も必要になりますが、その際に登録した印鑑が実印となります。

 

法人の実印は会社実印と言われたり、代表者印とも言われます。会社設立時に絶対に用意する必要があるのは実印のみで、会社で印鑑を使用する場合に全て実印で済ませることも可能ですが、法務局に登録した印鑑を紛失してしまったり、盗まれて悪用されてしまう可能性があります。なので、銀行印、認印、角印と用途に合わせて使い分けるのが一般的です。

印鑑の種類~法人編~

法人の銀行印は会社銀行印と言われ、個人の銀行印と同じく金融機関に登録が必要で登録した印鑑が会社銀行印になります。角印は主に認印として会社の様々な手続きなどでいろいろと印鑑を押すのを求められた時に使用する印鑑になり、社印とも言われます。

 

住所印は、会社の住所や電話番号が記載した印鑑です。仕事で住所や電話番号を記載することが多いときに、住所印があると便利です。

 

印鑑の種類について紹介しました。はんこ一刻屋福山市曙店では、ここで紹介した種類の印鑑を全て取り揃えておりますし、品質や価格にも自信を持っております。

福山市ではんこの購入を検討している方や、通販での購入を検討されている方は、ぜひはんこ一刻屋福山市曙店でお求めください。

はんこ屋を福山市でお探しならはんこ一刻屋福山市曙店へ

店舗名

はんこ一刻屋

住所

〒721-0952 広島県福山市曙町5丁目1-5

TEL

084-959-6919

FAX

084-959-6928

営業時間

10:00~19:00  年中無休

駐車場

2台スペース有