【福山市】名刺印刷をおすすめする理由 印刷のご依頼ははんこ一刻堂まで

ホームコラム一覧 > 【福山市】名刺印刷をおすすめする理由 印刷のご依頼ははんこ一刻堂まで

 

自己紹介や会社のPR、また、人脈を作るきっかけとして、名刺は欠かせないツールです。名刺交換でお互いの身分や連絡先を伝え合うことで、信頼関係を築くきっかけになります。ビジネスマンとして、名刺は必ず持ち歩くことをおすすめします。
今回は、名刺印刷を依頼する前にチェックしておきたい、名刺の必要性やサイズの選び方を福山市のはんこ一刻堂が詳しく解説します。

名刺印刷をおすすめする理由とは?

社会人にとって名刺は、必要最低限のビジネスツールです。ビジネスマンは、普段から多くの人と挨拶をかわします。そして、自分の身分や連絡先などを正確に伝えるための挨拶が、名刺交換なのです。
一方が名刺を渡したのに、もう片方が名刺を持っていなかったらどう感じるでしょうか?「最低限のマナーがなっていない人」と思われてしまうかもしれません。

名刺の保管は基本的に自分でやらなければなりません。大企業でしたら、名刺の管理まで対応する会社もあるかもしれませんが、ほとんどのケースでは自分で数を管理しています。
いざというときに名刺がなくなっていた、ということがないように、こまめに名刺印刷を依頼することをおすすめします。相手に「あいにく名刺を切らしております」と伝えることは、はずかしいことです。

名刺交換をする人

また、名刺には会社名や氏名、連絡先だけでなく、所属部署・役職など必要な情報をきちんと記載しておきましょう。

はんこ一刻屋では福山市で名刺印刷を行っております。名刺作成や印刷の依頼をご検討中でしたら、ぜひはんこ一刻屋にお声かけください。

名刺のサイズについて

名刺の標準的なサイズは、91×55mmです。名刺用紙の規格でいえば、普通4号です。1mmや2mmなど多少サイズが異なる名刺も作成できますが、標準規格から外れると裁断する機械の設定を変える必要があるため、別途料金がかかります。できるだけ安い料金で名刺を印刷したい方は、標準の91×55mmで依頼することをおすすめします。

床の上にある白紙の名刺

91×55mmが標準サイズとして扱われる理由は、諸説あります。昔の日本では、ものの大きさを「寸」や「尺」で測っていました。ちょうど3寸が91mmで、名刺として適度な大きさの91mmが使われるようになりました。もうひとつの理由は、黄金比を採用したという説です。黄金比とは、パルテノン神殿やピラミッドなどの古くからある建築物や、美術品などで用いられる比率のことです。1:(√5-1)(約1.618)のバランスになっていると、人は美しく感じるとされています。91mmに対して黄金比は55mmのため、名刺に採用したという説があります。また91×55mmのサイズは、スーツの胸ポケットにそのまま入るサイズです。

そのほかにも、名刺の規格には小型1号~4号までと、普通3号~5号まであります。規格に合うサイズであれば、標準より小さくても大きくても別料金はかかりません。

福山市のはんこ屋・はんこ一刻屋では名刺印刷を承っております。名刺印刷を依頼するなら、ぜひはんこ一刻堂へ。おすすめのデザインなどもご提案いたします。

名刺印刷の詳細はこちら

ビジネスマンなら名刺を作成しよう

名刺の意味や必要性、サイズをご説明しました。名刺印刷の依頼は、店舗で注文する方法、ネットで注文する方法があります。好みのデザインや色を選ぶことも可能で、自分をアピールするツールにできます。規格に合うものなら超巨大な名刺もおすすめです。ベーシックな名刺から、型にハマらない名刺まで作成を検討してみてください。

福山市にあるはんこ一刻屋では、名刺印刷を承っております。福山市近郊で名刺の注文をご検討中の方は、お気軽にご相談ください。

福山市で法人印鑑をお求めなら、即日仕上げも可能で激安はんこも取り揃えているはんこ一刻屋福山市曙店へ

店舗名

はんこ一刻屋

住所

〒721-0952 広島県福山市曙町5丁目1-5

TEL

084-959-6919

FAX

084-959-6928

営業時間

10:00~19:00  年中無休

駐車場

2台スペース有