【福山市】名刺印刷の相談なら店舗なら安いと評判の店舗・はんこ一刻屋へ! 専用用紙の種類

ホームコラム一覧 > 【福山市】名刺印刷の相談なら店舗なら安いと評判の店舗・はんこ一刻屋へ! 専用用紙の種類

 

名刺印刷する際に悩むことのひとつに、用紙の選び方があります。名刺印刷で使用される主な用紙として、マット紙・光沢紙・上質紙の3種類が挙げられます。
マット紙は光沢がなく表面がサラサラとしており、光沢紙は艶があり高級感があります。塗装やコートのない上質紙は安価で汎用性の高い用紙です。
それぞれ違った仕上がりになるので、用途や予算によって自分に合ったものを選びましょう。

今回は、福山市のはんこ一刻屋が、名刺印刷に使用される3種類の用紙の特徴を解説いたします。

名刺印刷に使用される用紙の種類

名刺印刷に使用する代表的な用紙は、マット紙・光沢紙・上質紙の3種類です。それぞれ表面の仕上がりに差が出ます。

光沢のないマット紙

マット紙は用紙の表面がサラサラで、光沢はありません。インクの沈み込みが少ないため発色がよく、写真にもよく使われています。ちらつきが少なく、文字を見やすくする印刷にもおすすめです。マット紙はパンフレットや会社案内冊子にもよく用いられています。くすんだ色の様子が落ち着いており、企業用としても最適です。

光沢のないマット紙の名刺

艶がある光沢紙

光沢紙は表面に艶がある用紙です。特殊な薬品を塗ってコートしているため、コート紙とも呼ばれています。ツルツルとした感触で、艶のある見た目は高級感のある仕上がりです。艶のある仕上がりは写真が美しく見えるため、ポスターによく用いられています。

汎用性が高い上質紙

上質紙は、用紙のなかでも一番馴染みがあります。ノートやハガキなどの用途にも使われている紙です。紙の裏表どちらも塗料がなくコートされていません。光沢がないため文字が読みやすく、名刺印刷用としても人気です。価格もお手頃で、名刺を安い値段で注文したいときにおすすめです。

はんこ一刻屋は、福山市で名刺印刷を行う店舗です。名刺印刷についてのご相談なら、お気軽にお声かけください。

名刺用紙の選び方

名刺用紙の選び方は、用途別に選択しましょう。3種類の用紙ごとに、使う目的を紹介します。

ビジネスに向くマット紙

マット紙は光沢がなく落ち着いた雰囲気のため、ビジネス用に向いています。安い感じはなく、上品な印象を与えたい企業に向いているでしょう。

写真入りの名刺に光沢紙

風景や植物などの写真を名刺に使うのでしたら、写真が際立つ光沢紙が向いています。自分の顔写真を名刺に入れたい場合も、光沢紙がおすすめです。色使いを多くすればカラフルで華やかな印象に、色使いを抑えるとシックな印象にできます。

名刺を差し出す人

安い名刺なら上質紙

大量に名刺印刷が必要なときは、安い上質紙が向いています。上質紙の名刺は書き込みも可能です。一言メッセージを入れたり、色鉛筆でイラストを描いたりもできます。色は沈み込みやすく、カラフルなものよりモノトーンが向きます。

福山市に店舗があるはんこ一刻屋では、名刺の作成・ご相談を承っております。福山市近郊で名刺印刷を検討している方は、ぜひ一度お声かけください。

名刺印刷の詳細はこちら

「はんこ一刻屋」の名刺印刷の特徴と流れ

名刺印刷をする際は、最初に印刷する内容を決めましょう。デザインは約100種類のサンプルから選ぶだけです。印刷対応なのは、黒1色・2色・カラーの3タイプです。使用できる用紙は、厚紙をはじめ和紙や光沢紙などの特殊用紙も使えます。印刷する枚数を指定したら、店舗で版下データを作成します。最後に修正がないか確認し、問題がなければ完了です。福山市の店舗は年中無休のため、いつでもご相談ください。名刺のお渡しは、翌営業日可能です。

福山市で店舗をお探しの方は安いと評判のはんこ一刻屋へ相談!

名刺印刷に使える用紙は多数あります。それぞれ印象が異なるため、どの用紙を使えばいいのか迷った方は、店舗でサンプルを確認しましょう。安い名刺を求める方は上質紙で問題はありませんが、クリエイターの方などデザイン性に拘りたいならマット紙や光沢紙を使い分けてみてください。

名刺印刷についてのご相談なら、福山市のはんこ一刻道までお声かけください。実際の仕上がりなどを確認したい方は、店舗でのご相談も承っております。

ご希望の用紙で名刺印刷ができるはんこ屋「はんこ一刻屋 福山店」

店舗名

はんこ一刻屋

住所

〒721-0952 広島県福山市曙町5丁目1-5

TEL

084-959-6919

FAX

084-959-6928

営業時間

10:00~19:00  年中無休

駐車場

2台スペース有