検索
  • はんこ一刻屋

印鑑の代名詞「本柘」

『本柘』は木製印材の中では古くから用に愛用されてきた印材です。

一般的な印鑑材料として多く普及しており、本柘の約80%が印材として利用されていると言われています。 目が詰まっている柘の木は硬度や粘りが彫刻に適していると言われており、その他にも変形や割れなどを生じにくく、さらに油との相性が良いなどの、優れた特徴を備えています。

価格も印材の中で最も安価なのも、人気の要因になっています。


はんこ一刻屋福山店では、印鑑以外にも名刺、ゴム印、封筒印刷などのサービスを地域最安値最速最速で行っています。

ぜひ一度ご来店下さい。



1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示