検索
  • はんこ一刻屋

ゴム印の手入れについて



今回はゴム印の手入れについてご紹介したいと思います。


みなさんはしっかりとゴム印の手入れをされているでしょうか?

ゴム印も長く使っていると汚れてきます。 原因としては、スタンプインクが付着し、そのまま放置した結果ゴミなどの汚れと一緒に固まってしまう事が一番の原因として挙げられます。 結果的に表面が凸凹になって、よく写らなくなってしまいます。


基本は、使用後にしっかりと紙やティッシュペーパーなどを使用してインクを取り除いて下さい。


それでも印面に汚れが溜まってしまった場合は、

ゴム印の印面にセロテープの接着面を軽く当てると、紙の粉やホコリなどの汚れが取れやすいです。

ちなみに、シヤチハタ株式会社が製造している「シャチハタ」や「ネームペン」の印面を掃除する時も、セロテープでの掃除がおすすめ。シャチハタの印面は特に柔らかいゴムなので、セロテープを使った掃除が適しています。


その他にも歯ブラシなどを使って掃除する方法もありますが、印面を傷つける原因となりやすいでのオススメはしません。


しっかりとメンテナンスをしていただくだけで、寿命がかなり延びますので、ぜひ試してみてください。



はんこ一刻屋は、福山市の印鑑屋です。

印鑑以外にも、名刺印刷、封筒印刷、ゴム印作成などのサービスを行っています。

地域最安、最速を目指しています。

ぜひ一度ご来店下さい。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示